チャンピックスで禁煙
タバコを手に持っている白黒写真

脅威の禁煙成功率を誇るチャンピックスで、確実な禁煙を行いましょう。

受動喫煙と嫌煙・喫煙による顔の変化とチャンピックス

病院の待合室などに貼られているポスターの中には喫煙者の顔が2枚並べて写っているポスターを見ることが在ります。
また、顔半分は喫煙をやめた後の顔、顔半分は喫煙をしていた時の顔と言った具合に、喫煙をする事で顔にどのような変化を与えるのかと言ったことを知らせるためのポスターが貼られている事が在ります。

このポスターを見ると、喫煙によりどれだけの悪影響を及ぼしているのかを知ることが出来るわけですが、喫煙する事で肺がんのリスクが高くなると言われています。
しかし、肺と言うのは普段目にすることが出来ない部位ですので、このように言われても実感がわかないと言う人も多いものです。
しかしながら、顔と言うのはそのまま見ることが出来る部位でもあり、喫煙する事でどのような悪影響を及ぼすのかを知る事は禁煙には必要なのです。

嫌煙は本人が煙草を吸わなくても副流煙を吸い込んでしまい受動喫煙を行う事になると言う意味を持ちます。
嫌煙権と呼ばれる権利があるわけですが、この嫌煙権により社会の中では分煙化が進められており、飲食店や施設などでは全面禁煙にしている施設も在ります。
また、新幹線などの場合も、嫌煙権が在ることからも喫煙車両が廃止されていたり、飛行においても全席禁煙と言った状態になっています。

喫煙者は肩身が狭いとも言われていますが、煙草による健康被害は大きい事からも、分煙化は今後も続けられて行く事になるわけです。

チャンピックスは禁煙外来で処方される医薬品なのですが、チャンピックスは幾つかある禁煙補助剤の中でも最初の1週間だけはどうしても煙草を吸いたくなった時は吸っても良いと言う特徴が在ります。

これは他の禁煙補助剤が、利用開始と伴に完全禁煙を開始しなければならないのに対し、チャンピックスについては薬の量が1mgを1日2回になるまでの間は喫煙が出来ると言った特徴を持つのです。